Top / FrontPage / 2 スタートアップガイド / キャリブレーション
HTML convert time: 0.012 sec.

キャリブレーション

Last-modified: 2015-10-14 (水) 01:35:22

ステアリングホイール等のVR抵抗器やバッテリー電圧の読み取り値を較正します。
一度設定すれば滅多に狂うものではありませんが、モデルの新規登録など、サブトリムやエンドポイント調整を行う前、または半年に1度程度実施することをお勧めします。

起動方法

  • 電源投入後の画面において、ステアリングホイールを右に切った状態で【ENTER-L】
  • ファームウェア導入後の初回起動時は自動的にキャリブレーション画面が立ち上がります

起動中はキャラクタ画面に[CAL]が表示されます。

cal_.jpg
図2.1.0 キャリブレーション起動画面

画面表示

 キャリブレーションモードが起動すると図2.1.1の画面となり、7セグにセンサー番号が、キャラクタ画面にセンサー読み取り値が表示されます。また、キャリブレーションを実施していない項目に対応するシンボルやメニューアイテムが点滅します。
 なお、キャリブレーションを実施せずに終了した項目は、前回キャリブレーションの値が保持されます。

cal_1.jpg
図2.1.1 キャリブレーション画面
 
表2.1.1キャリブレーション項目
表示項目
7セグメニューアイテム/シンボルセンサーポジションセンサー
[1][MODEL]左端ステアリングホイール
[NAME]中央
[REV]右端
[2][TRIM]左端スロットルトリガー
[D/R]中央
[EXP]右端
[3][<─]左端CH3※
[─>]右端
[4]--バッテリー電圧
CH3センサータイプ設定の値が[P3Y]のときのみ較正可能   

ステアリングホイールキャリブレーション

ステアリングホイールのキャリブレーションを行います。
ジョグダイヤルを回して、7セグに[1]を表示させてください

cal_1_.jpg

左端:
ホイールを左いっぱいに回し、キャラクタ表示の値が安定するのを確認して【ENTER】ボタンを押します。[MODEL]が消灯して、左端のキャリブレーションが完了します。

cal_1_Wleft.jpg
cal_1_left.jpg
cal_1_left2.jpg

中央:
ホイールから手を離し、キャラクタ表示の値が安定するのを確認して【ENTER】ボタンを押します。[NAME]が消灯して、中央のキャリブレーションが完了します。
右端:
ホイールを右いっぱいに回し、キャラクタ表示の値が安定するのを確認して【ENTER】ボタンを押します。[REV]が消灯して、左端のキャリブレーションが完了します。

  • 各ポジションは自動で判別されるため、キャリブレーションの順序は問いません
  • キャリブレーション実施済みであっても、再度【ENTER】ボタンを押すことで値は更新されます

スロットルトリガーキャリブレーション

CH3センサーキャリブレーション

バッテリー電圧キャリブレーション